ロゴ

糖尿病は初期症状で発見しよう【脳梗塞の予防にもなる】

医師

症状を悪化させない!糖尿病について知ろう

生活習慣病の一つである糖尿病にかかると、様々な合併症を引き起こし体が蝕まれていきます。これを防ぐには糖尿病に特有の症状を知り、常に意識しておくことです。もし疑われるときは早めに病院を訪れると安心です。

人体イメージ

脳梗塞は治療可能【早めに気づいて治療を受けることが大事】

脳梗塞は脳の血管に起因する病気です。高血圧が原因で心臓に負担がかかる心原性脳塞栓症は重篤な後遺症を残す事があります。脳梗塞による障害は体の麻痺から認知機能を低下させるまで様々です。初期症状に注意し、早期治療が行えるよう心がける事が必要です。

医師と看護師

下肢静脈瘤の症状を知って治療を受けよう!

静脈弁の破壊が原因で引き起こされる下肢静脈瘤は、日々立ち仕事をしている方などが発症しやすいです。治療法は複数存在しており、手術やレーザー照射、薬剤の注入などで処置できるので、症状があるなら病院で診てもらいましょう。

病院

仕事帰りにも利用できる~夜間診療で気軽に通おう~

一般に昼間しか利用できない病院ですが、浦安の夜間診療に対応したところなら遅い時間帯でも診てもらえます。どの病院でも対応しているわけではないため、ネットなどで検索して問い合わせてから訪れるのがおすすめです。

カテゴリ一覧

免疫療法の専門クリニック!

[PR]
下肢静脈瘤治療を受けよう
専門医院の利用が重要☆

レビュー

診察

聴力が低下したら聴神経腫瘍を疑おう【早期発見する方法】

足元がふらつく事が増えてきたり、片側の耳が聞こえにくくなったりしてきた時には、聴神経腫瘍の発症を疑ってください。そのまま腫瘍を放置していると、完全に聴力を失う事になりかねません。

医師

下肢静脈瘤を治療して良かったという人の口コミ

医療機関にて、下肢静脈瘤の治療を行うことにどのようなメリットがあるのか、体験者の声が参考になります。女性に多い病気で、見た目の美しさの問題もあり、美的解決として、治療を受けられています。

糖尿病にならないことで脳梗塞も防ごう【初期症状で対策を】

医療

今や生活習慣病という言葉は一般的で、生活習慣を改め予防対策を行なっている人もたくさんいます。そんな生活習慣病のひとつ糖尿病は、合併症を引き起こすリスクも高く、より注意する必要があります。頻尿や喉の渇き、全身のだるさなどがある場合は糖尿病の可能性もあるため、一度検査してみるといいでしょう。起こりやすい合併症としては、視力の低下、排尿障害、動脈硬化による脳卒中、脳梗塞などもあります。特に脳梗塞の場合、脳の血管がつまることで脳の細胞が死んでしまうため、治療をしても体に傷害が残ってしまうことが多いのが特徴です。こうした重い病気を防ぐためにも、まずは、糖尿病などの生活習慣病にならないよう気をつけて生活することが大切です。最近では血液検査をすることで様々なことが分かるようになっているため、定期検診などの血液検査の結果をしっかりと確認しましょう。また、検査結果を受けて、医師のアドバイスなどを参考に生活自体を改善することが一番大切なことです。

[PR]
浦安にある夜間診療の専門医院
急な身体の不調を診てもらおう

[PR]
糖尿病の症状を徹底解説☆
病気のリスクを最小限に抑えよう

[PR]
下肢静脈瘤治療の専門医院
事前に施術の特徴を確認しておこう

[PR]
聴神経腫瘍治療の専門医院
名医が親身に対応してくれる